リッツカールトンにて介護ベッドの高さを考えてみた

1年以上前になるが、リッツカールトン大阪へ一泊した。あの、あの!リッツだ。

どーーしても一回くらいは泊まってみたい☆と、カナの卒業お祝いをかねて姪と三人でお泊りを決行。


 はい。ドーーーーーーン。

この部屋に一泊♡ 

18世紀英国の「ジョージアンスタイル」のホテルで、家具やらなんやらすべて異国情緒たっぷり(*^。^*)

そして。このでっかーーいベッド。マットレスの高さがなんと 床から70cm!!

カナをベッドに寝かせてみると、とっても楽ちん。腰への負担が少ない^^

だけどだけど。カナのお着替え・トイレ・食事のお世話・もろもろ、、、いったんベッドを降りまた上がり、また降りてまた上がり・・・シヌわっ!(無理だと判明してから、姪っ子にあれとって、それとって、とお願いしまくってたw)

   お母さん、日頃の運動不足を反省。



ふかふかのベッド 広いベッドで、チョコンと転がっているカナ。私(と姪)が ヒィーハァーいっているスキにあまりの気持ちよさに寝入ってた笑

最近の我が家には、この「ベッド問題」が勃発。

広くて寝心地いい今のベッド。床から低いので、そろそろ私の腰もくだけそう。

介護ベッド導入を考えているけど、腰のことを考えて高いベッドに変えても上り下りも少々大変そう。3モーターの高さ調整できるベッドなら良いのだろうけどねぇ。

  うーーん。って思ってたら、このリッツの70cm高のベッドを思い出した。

たとえベッドが高くても。お母さんがヒィーハァーいってても。

リッツみたいな寝心地良いベッドで眠らせてあげたい。

私の腰が壊れる前に、解決せねば!


KAIGOO!

出産時の事故により脳機能障害(脳性麻痺)を持った娘を育てながら、支援学校に勤務する看護師ママです。「介護を楽しく快適に!」をモットーに、医療的ケアのこと、日々のアイデアや旅先でのヒントを発信していきます!

0コメント

  • 1000 / 1000